スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ご無沙汰してました。

2013/05/22 Wed 22:32

お久しぶりです。
ほぼ1年ぶりの更新…。言い訳のしようもございません、はい。
多分このブログ見る人もほとんどいないと思うのですが、あれから色々とありましたがなんとかARK Coffeeもオープンして半年になろうとしてます!最後の更新からブログに手をつけられないほど忙しくしていて、1ヶ月、2ヶ月と経つうちに段々更新しづらくなってしまいました。半年経って、ようやく少しだけ周りを見渡せる余裕が出てきたので放置状態のこのブログの更新もようやくアップできました!最後の更新はまだ焙煎機を搬入する前のものだったのですが、今になってはあんなこともあったなぁと感慨深い感じです。搬入の時の写真を見るとあの時はもうどうなるかと妹と二人泣きたくなるような状況でしたが、たくさんの助けを得てなんとかお店の中に入れる事ができました。
image_20130522185029.jpg

バラバラの状態でコンテナで運ばれてきましたが、合計の重さ約1トン。
バラしてあっても本体はとても人の手だけで運べるようなものではなく、当日はフォークリフトと引越し業者の方を3人、他エンジニアの方などが集まってくれました。
image_20130522185031.jpg
その間私達に出来る事などほとんどなく、邪魔にならないように見守ることが精一杯。
image_20130522185033.jpg
最大の難関は本体部分を店内に運ぶことでしたが、男衆で「あーでもない、こーでもない」と相談しつつフォークリフトになんとか乗せて運びこみました。入口を通る時は隙間がやっと数センチ…!
image_20130522185034.jpg
あとちょっと本体部分が大きいか、入口が小さかったら壁をぶち破らないといけなかったので本当に良かった。フォークリフトから下ろしてからも、指定位地に動かすのにまた数人がかり。
image.jpg
写真だとよく分からないかもしれませんが、動かしてる人達結構大柄なんです。
ここでも全く役に立たない私と妹。とりあえず私は記録係に徹して写真撮りまくってました。
もっと見たい人は↓をクリック。
Flickr Album:ARK Coffee

というわけで、何とか店内に納めることができました。今では問題なく可動しているプロバット君ですがここまでくる道のりは色々ありましたよ。書きたいことはたくさんあるけどとりあえず今日はここまで☆

これから、不定期ではありますが過去を振り替えつつ少しづつ更新していきます。

ではでは〜!
スポンサーサイト
未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)

大きな力に守られて。。

2012/08/09 Thu 23:24

8月もあっという間に1週目が終わり、こんなしてたらクリスマスもすぐ来てきそうな気がします。
最近のオークランドは木蓮がどこも満開で、我が家ではアーモンドの花がたくさんの花を咲かせてます。
アーモンドの花は梅の花と同じ位の時期なので春の訪れもすぐそこまで来てそうです。

ではでは、さっそく前回の続きを…




気に入っていたけど取られてしまった物件のすぐ隣の物件、そこには倉庫風の建物がありました。
その建物を管理している別の担当者が鍵を開けに来てくれて、さっそく中を拝見。。。

…!

入ってまず思ったのが「広い!明るい!キレイ!!」

私たちの前に服飾関係の方がブティックをしたいとオファーをかけていたらしく、オーナーもそのつもりで壁も綺麗に塗り直したり、新しい窓をつけたり、コンクリの床も綺麗に磨かれ、おまけにトイレやシンクも新品に取り替えられていました。余計な壁もなくオープンなスペースで前アダルトショップよりも若干広い!
アダルトショップの方は立地は申し分なかったのですが、店内が壁で仕切ってあったり、壁を塗り直したりと結構改装が必要そうで、改装に結構お金かかりそうだったんですが、ここは既に理想に近い感じで仕上がっていてほとんど手を加えなくて良さそう。窓からもたくさん光が入ってきてとても明るい雰囲気。
入った瞬間「ここだっ!」っていう確信が生まれました。
結局ブティックのオファーが流れて私達にチャンスが巡ってきたのですが、丁度同じタイミングで銀行から融資をしてもらえるとの連絡が入りました。それだけでも「おおぉ~」って感じだったのですが、さらに焙煎機を輸入販売している会社の人から、NZ国内でプロバットの25kgの焙煎機を売りたい人がいるとの連絡が!

前にも書いたと思うのですが、このドイツ製の焙煎機プロバットは中古が市場に出回るのは本当に少なく、世界中で焙煎人が探し求めているものなので、そうそう簡単に見つからないし手に入りにくいものなのです。
それをNZで見つけるのは絶望的で、私達も欲しいと思っていた25kgの焙煎機を諦めて一回り小さい12kgの新品を注文しかけているところでした。銀行の融資の返事を貰い次第注文するつもりだったので、このタイミングは神様としか言えないほどの奇跡でした。

それから、目眩いスピードで色んな事が進み今現在開店に向けて準備の真っ最中です。

ここに至るまでにも色々とトラブルも発生したのですが(トラブル内容は詳しく書くエネルギーが無いので端折ります)その度にいい方向に道が開けていっています。
例えば、このビジネスを始めるにあたって色んな事を相談していける弁護士を探していたのですが発生したトラブルを通してとても良い弁護士との出会いがあったり、今回のお店を設計してもらう人の選別にずっと悩んでいたのですが一番信頼の出来る人に最終的には決まったり。

トラブルを解決するためには多少痛い選択を迫られることもありました。でもその都度それ以上の喜びがもたらされました。

今私達のARK[方舟]には信頼できる素晴らしいクルー達が乗船しています。

ここに至るまでの間、目に見えない大きな力で守られて進んでいる感じです。

正直、ふとした瞬間に突然恐怖に襲われることも多いのですがその度にお祈りして「大丈夫。」と自分に言い聞かせています。

信じるって言うのは、まだ見えない未来を信じて進むこと。

目に見える事はもう信じる必要はないです。

だってそれは既に成っているから。

必要なのは見えない先を信じる事。



うん、大丈夫。

幸いにも私は一人じゃなく、一緒に信じる人達がいてくれます。

ずっと夢だった私達のお店もオープンまであと少し…

どんなお店になっていくのかとても楽しみです。




次回アップには写真もアップしますね〜♪

未分類 | コメント(5) | トラックバック(1)

航海は風まかせ。

2012/08/01 Wed 22:12

あっという間に8月に入ってしまいました。
今の現状はここで書いてる事から大分進んでいます。
私達の新しいARKは方舟という意味なので、さしずめ私達は乗組員。この記録は航海日誌ですね。
それにしても、一時期は凪の状態で船が全然前に進まない状態が続いていたのですが、今は毎日ぐんぐん、ぐんぐんすごいスピードで進んでいて航海日誌が追いつかない。。
やることが多くて、なかなかこのブログが後手にまわりがちなのですが私達におこった素晴らしい奇跡の記録を残していきたいので頑張って書いていきますよ~♪

ではでは、前回の続きを…

銀行と物件と焙煎機と…とにかく色々と動きたいのに動けない状態でふと、「そういえば、銀行から何も連絡がきてないな?」と思って担当者に電話してみました。(この時点で、銀行から提出して欲しいと言われていた書類を送ってその返答待ちでした。)
そしたら、明らかにまだメールを見ていなかった様子。忙しくて後回しにされていたようなのですが、それにしても送ったのは2週間以上前。泣きたくなるような脱力感を感じているところに入ったニュースが、良いと思った物件が借りられてしまったとのこと。



ちょっと銀行に対して頭にきたので以前お世話になっていた前担当者の方(今の担当者の上司)に私達の状況を直接訴えたんです。そしたら私達の言い分を真剣に聞いてくれて、今の担当者にも働きかけてくれました。
それがきっかけで担当者の方も本腰をいれて私達の件に取り組んでくれるようになり、凪の状態から風が少しずつ動き出したのを感じた瞬間でした。


そして、物件が取られてしまったので新たに探さないといけなくなったので、また一から自分達の足で探しはじめましたが、これが中々良いところが見つからない!良いなと思った物件は予算オーバー。
それとなまじ最初に理想にとても近い立地の物件を見てしまっているので、どうしてもそこと比べてしまうんです。。
どうしようかと思っていた矢先にマナマミィが最近知り合いになった不動産の仕事をしている人に連絡をとってくれました。私達のやろうとしている事と探している条件を伝えるといくつか物件をピックアップしてメールしてくれました。すると、なぜか借りられてしまったはずのあの物件もそのリストの中にあるんです。
??と思って、問い合わせたら借り手がついたという情報はまだこちらには来ていないので明日見に行きましょうということになりました。(もしかしたら借り手がキャンセルになったか、誤情報だったのかも…!)と淡い期待を持ちつつ次の日、物件の前でお会いしたら結局その物件はやはり他の人が借りていたとのこと。でも…!

隣の物件も空いてるんですよね、今担当者が鍵を持ってくるのでここを見てみませんか?」




…え"っ?!
未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)

気の合う二人。

2012/07/20 Fri 23:39

毎日毎日が目まぐるしく過ぎ去っています。
お店を始める事になって、実際動き出すとやる事が次々と出てきてます。
大変なんだけど、一人じゃないという事実が大きな強みとなってけっこう楽しんでやってます。

さてさて、これまでの経過をかいつまんでここに記していきたいと思っているのですが、文字だけのだらだらした文章になってしまう気がするのでそれでも「読んでもいいわ」と思う方だけどうぞ今しばらくおつきあい下さいね。

…………

今回お店を始める際に、いったいどこから始めれば良いんだろう?とちょっと途方にくれました。

お金もない。

場所もない。

ないないずくめの0からスタート。

今回一番最初の大きな壁は主に3つありました。

①資金集め - 銀行の融資。
②物件探し。
③珈琲のローストマシンの入手。

③のローストマシンはドイツ製の(妹が勤めていた会社でも以前使っていた)マシンを希望していました。偶然にもこのマシンの販売元になっている会社が家から近かったので訪ねて行ったのですが、とても親切な人で国内で中古を売りたい人がいないか調べてあげると言ってもらいました。マシン自体はNZでも人気があるのですが、良い機械なので中々手放す人は居らず、調べてもらった結果やっぱり売りたいという人が出てこなかったので新品をドイツから取り寄せる方向で話を進めていました。

でも希望していた25kgを焼けるマシンは、あまりにも予算オーバー。しかも取り寄せるのに注文してから6ヶ月もかかるとのこと。どうしようと悩みましたが安い機械を買ってもそれで良い豆が焼けなければ、本末転倒。前勤めていた会社のオーナーで、リンダのお師匠さんにも相談をしつつ一回り小さい12kgのマシンを購入しようと決めかけていました。(これだと4ヶ月位で届くと言われました)

でも注文する際に前金で金額の30%を支払わないといけなかったので、銀行の融資が出るまでは注文ができないという状況でとりあえず保留。銀行には早々に相談をメールしていたのですが、中々返事が来ないので返事を待ってる間に物件も探し始めました。友達の知り合いで不動産をしてる方がいたので紹介してもらい、物件を見せてもらったのですが、いきなり最初で私達の思っていた条件にピッタリな場所があったんです!

さっそく見に行ってみたら、なんと以前はアダルトショップだったテナント(笑)

真っ黒の外観に、ちょっと店内の古さと暗さが気になったのですが目と鼻の先に最近話題のオシャレなセレクトショップもあるし、駐車できる場所もたくさんあるし、道を歩く人からも見えやすい立件としては申し分のない物件。市内や我が家からもアクセスが良いし、私も妹もすっかり気に入ってしまって出来ればここがいいねってなったのですが、ここで問題になってきたのが契約日マシンが届くまでの日数

家主も契約してから1ヶ月位は改装期間として家賃を見送ってくれるのが一般的なのですが、マシンが届くのは4ヶ月後。マシンがなければ珈琲を焙煎できない = 営業できない。なので今すぐにでもマシンを注文しないといけない。でもマシンを注文するには前金を支払わなければいけない…

物件>マシン>お金>物件>マシン>お金…

…Oh, Nooooooooh!!

これらが三つ巴になっていて、どこから手を付けようか??と妹と二人で目が遠くなってしまいました…

次回に続く。




(おまけ)

こちらの生活ペースにやっと馴染んできた妹リンダですが、マナもやっとリンダを家族として認識してきた様子。
甘党のリンダとマナはとっても気が合うみたいで、お互い仲良くしています。
IMG_0514.jpg

最近のマナは必殺おねだり小悪魔光線を連発。もろ攻撃を受けたリンダはあっさり陥落。
IMG_0520.jpg

「へっ、ちょろいもんだぜ」とほくそ笑むマナの心の声が聞こえる気がするのは私の気のせいでしょうか??

*ここでやっとこの記事のタイトルネタが出てきたことについてのつっこみは受け付けませんのであしからず。
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)

お久しぶりです。

2012/07/14 Sat 23:47

皆様、大分長い間このブログを放置してしまいました。
気がつけばもう7月も半ばに入り、このブログをまだ読んでくれている方がいるのかも怪しいのですが楽しみにして下さっている皆様本当に申し訳ありませんでした!!

日本の個展を終わらせてから2か月何もしていなかったわけではなく、今回6年半ぶりに帰ってきた妹リンダとのプロジェクトを実現すべく毎日駆けずり回っていた次第でございます。

で、今日はここで嬉しい発表です♪

近々、妹と二人で珈琲自家焙煎店をオープンする運びとなりました。
場所はノースショアのタカプナという家からも市内からもアクセスの良い場所に決まりました。
今から最終契約を結び、鍵を渡されるのでまだ100%確定と言える段階ではないかもしれませんが99・99%決定というところまできたので、ここでお知らせすることにしました。
今月末には鍵を受け取り店内改装に入る予定です。
珈琲自家焙煎店ですが、同時に私の作品を常時展示するギャラリースペースも設けています。
カフェという形態はとりませんが、来てくださる方々が五感全てで気持ちよくなって頂きたいなというのが私達の願いです。妹と二人でお店を開くことは小さい頃からの夢で、でもお互いに全然別の道を歩み出してからは夢物語で終わるだろうなと思っていました。それが思いも掛けない所から道がまた一つとなりこうして一緒に仕事をする事になるとは本当に今でも不思議な気分です。

実はリンダが日本に行く前のまだ私達が20代前半の時に一緒に仕事をやろうとしたことがあったのですが、その時は思い止められました。今思えばあの時強引に始めても若すぎ&経験なさ過ぎですぐダメになっていただろうなと思います。性格は正反対の二人ですが、あの頃からすると多少はお互いに色んな経験を通して学んだことも沢山増えたと思います。学んだことも性格も全然違いますが、根元の部分に相通ずるものは変わらず、これからケンカも沢山するかもしれないけど目指すものがお互いブレないかぎりとても心強いパートナーだと思っています。
今でも気は弱いし自信は全然無いしで、これから学ぶ事は万とあるだろうと一応覚悟はしているのですが、私達の背中を押してくれるサインを沢山感じているので思い切って乗り出すことにしました。

お店の名前は「ARK-アーク」意味は方舟です。名付け親はリンダです。

生命と希望を乗せて先の見えない航海を家族と共に渡ったノアの方舟。

今回のお店開業も家族のサポート無しでは絶対出来なかったし、人の手では及ばない絶妙なタイミングによる奇跡をいくつも体験しました。神様だなって思うことだらけです。
これから、少しずつここでその経緯を伝えていきたい思います。
お店のHPもまだ未完成なのですが、開店までに渡る記録を伝えたいということでブログを先駆けてオープンさせました。徐々にHP全体の内容も充実させて行きますのでどうぞ皆様温かく見守ってください。



もちろんマナも、ストレスリリースマネージャー謙現場監督という大切な任務を担ってもらってますので、これからも登場していきますよ。
120714.jpg
(あ、マナの近状報告はマナマミィのブログに託しているのでそちらをご覧くださいね♪)

ではでは、ARKはいよいよ航海に向けて出発します!

皆様どうぞこれからもよろしくお願いいたします☆
未分類 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。