スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ヨーロッパ紀行[4]

2010/04/09 Fri 18:21

ヨーロッパ紀行、今日で最後の更新です。
パリの後は、チェコ共和国のプラハに飛びました。
そこで2日間ほど滞在して、その間にプラハ城の見学など少しだけチェコの文化に触れてきました。
1000409-9.jpg
プラハはパリと違ってもっと絵本やおとぎ話に出てきそうなちょっとメルヘンな雰囲気の街。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

街を見下ろす様にしてそびえ立つプラハ城。
1000409-3.jpg
お城はさすがに威厳を感じました。

1000409-1.jpg
やっぱり日本のお城とは違いますね~..

1000409-4.jpg
お城の門の前ではトリオのミュージシャンが。
さすがスメタナを生んだ街☆

1000409-8.jpg
お城の中では兵隊さんが行進をしていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に行ったのは少し町から離れた郊外のレストラン。
1000409-6.jpg

店内の雰囲気も素朴な田舎風。
1000409-5.jpg

1000409-7.jpg
チェコの名物料理(なのかな?)マス料理です。
見た目けっこうすごいですが、味はなかなかGOODでした!
プラハで食べたお料理はどれもフレンチとちがって洗練さはありませんが、素朴でシンプルで個人的にはとっても好きでした♪(でも野菜が少ない~!!)

プラハもいつかまたゆっくり旅行してみたいです :D


1000409-10.jpg
「・・・私もマス食べたい。」


banner_04.gif
↑1日1クリック、応援宜しくお願いします☆
スポンサーサイト
旅行紀行 | コメント(4) | トラックバック(0)

ヨーロッパ紀行[3]

2010/04/07 Wed 18:03

今回パリに行く事になってどうしても行きたかった美術館がありました。

1000407-5.jpg

オランジュリー美術館。
ルーブルに近いテュイルリー公園の中にあります。ルーブルやオルセーに比べるととても小さな美術館ですが、『睡蓮』の壁画で一室を飾られています。もともとはテュイルリー宮殿の温室をモネの『睡蓮』の連作を収めるために美術館として整備されたのだとか。
長い間改装の為に閉館していたものが数年前にオープンしたという事で是非見に行きたいと思っていました。改装されて天井からの自然光を取り入れてたたずむモネの『睡蓮』。

1000407-3.jpg

とても素晴らしかったです。太陽の光とのコラボレーションで初めて印象派の絵は生きてくるなあとつくづく思いました。(特にモネの絵は。)季節の移ろいを感じさせる様に4面の壁の睡蓮と池の水の色も変わって行きます。この部屋に一人でいて、しばらく絵を眺めていたいなあ・・と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・

話は変わりますが、どの美術館でも小学生から高校生までパリの学生達の課外授業に出会いました。小さい時から名画に触れて育つ環境がちょっとうらやましくもあり、でも小さい時から知っているとこの感動は味わえないよな~と思ったり。

・・・・・・・・・・・・・・

1000407-4.jpg

さてさて、うってかわってこちらもパリらしい風景。マルシェです。
たまたま通りかかった通りで野菜や魚など色んな物が売っていました。
1000407-2.jpg
1000407-1.jpg

歩くだけでわくわく♪なんかオークランドのサンデーマーケットと違うお洒落な雰囲気に大満足でした☆

1000407-6.jpg
「まだその話?」




ニュージーランドは先週末イースターで連休でした。そして土曜日にサマータイムも終わり、いよいよ冬が目の前に迫ってきました。そろそろ冬支度です。

banner_04.gif
↑1日1クリック、応援宜しくお願いします☆

旅行紀行 | コメント(4) | トラックバック(0)
100330-1.jpg
パリにいる間にたくさんの美術館を巡りました。

今日アップする写真はルーブル美術館。
100330-4.jpg

噂には聞いていたけれど想像を絶する広さ。
100330-5.jpg

一日いても4分の1も回れませんでした。
いろいろ見てみたかったけれど、やっぱり生まれて初めてのルーブルで見逃してはならないよな~と「モナ・リザ」をはじめ有名な代表作品達を見てきました。
パリに来て驚いたのはほとんどの美術館がフラッシュさえたかなければ撮影を許可していること。ルーブルでも撮影OKだったので写真に収めてきました♪

100330-2.jpg
ルーブル行ってこれは外せませんね、「モナ・リザの微笑み」。
前から暗いとか意外と小さくてがっかりと悪評ばかり耳にしていたせいか逆にとても素晴らしいと感じました。展示してある部屋も改装したのか意外と明るくて、やはり歴史に残るだけの絵画がそこにありました。色の深さや奥行きなど本で何度も目にした事のある絵画ですが、本物を目の前にするとまた不思議な感覚が湧きます。

100330-3.jpg
ミロのヴィーナス。

100330-6.jpg
「自分達ばっかり・・・」

ご機嫌斜めな我が家のヴィーナス...

banner_04.gif
↑1日1クリック、応援宜しくお願いします☆
旅行紀行 | コメント(4) | トラックバック(0)

ヨーロッパ紀行 [1]

2010/03/28 Sun 19:10

100325-1.jpg

先週、用事があってヨーロッパに行ってきました。
最初の目的地はフランス・パリ。

アートを仕事とする人間としてはアートの都パリはずっとあこがれだった土地。
念願かなって行った感想はやっぱり素晴らしい国でした!

フリータイムにルーブル美術館やオルセー美術館、ポンピドゥー国立近代美術館などを巡ってきましたが、わざわざ美術館に行かなくても至る所にすごい彫刻がたっています。

100325-3.jpg

時差のため、朝ものすごく早く目が覚めてしまったので人気のないシャンゼリーゼ通りを散歩して、かなり遠かったけどエッフェル塔まで歩いてきました。

100325-2.jpg

毎日何万歩歩いたかな・・・?多分3年分くらいは歩いたかも(苦笑)

100325-4.jpg
どうせあたしは置いてけぼり・・・(ごめんよ~


banner_04.gif
↑1日1クリック、応援宜しくお願いします☆
旅行紀行 | コメント(6) | トラックバック(0)

Long weekends in Matakana(前半)

2009/02/10 Tue 15:44

ニュージーランドは先週末の金曜日、Waitangi day*で祭日でした。
(*マオリ族とイギリス人の平和条約を結んだ記念日)
日本からおばあちゃんも来ているので久しぶりに家族全員でMatakanaにドライブ。

090210-5.jpg
今回はマナも一緒♪

今回B&B Hands to Heartのさっちゃん情報でBrickbay Winery(ブリックベイ・ワイナリー)というワイナリーに初めて足を運んでみました。

090210-6.jpg
Brickbay Winery:
Open Daily 10am- 5pm Ph:09 425 4690
Arabella Lane (off Mahurangi East Rd) RD2 Warkworth


このワイナリー、広大な敷地内には著名ニュージーランドアーティストの彫刻を展示していてワインテスティングの他にアート鑑賞も楽しめます。

090210-9.jpg

全面ガラスで出来たモダンな建築内にはカフェもあり、ワインはもちろんワインに合う軽食などが注文できます。

090210-4.jpg

丁度お昼頃に到着したのでスタッフおススメのロゼワインに、盛り合わせを2種類頼んで乾杯

090210-13.jpg
はぁぁ・・しあわせ~

冷えたロゼワインはキリッとしたすっきりな味わいでとってもフルーティ

090210-3.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食後は敷地内の彫刻を見て回る事に。

葡萄園は丁度実がなりはじている時期で鳥防止に網がかけられていました。

090210-10.jpg

そして、たくさんある池には奇麗な蓮の花が。
090210-11.jpg
090210-12.jpg


Brickbay Winery、かなりおススメです☆

後半に続く。

banner_04.gif
↑1日1クリック、応援宜しくお願いします♪

旅行紀行 | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。