スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
100330-1.jpg
パリにいる間にたくさんの美術館を巡りました。

今日アップする写真はルーブル美術館。
100330-4.jpg

噂には聞いていたけれど想像を絶する広さ。
100330-5.jpg

一日いても4分の1も回れませんでした。
いろいろ見てみたかったけれど、やっぱり生まれて初めてのルーブルで見逃してはならないよな~と「モナ・リザ」をはじめ有名な代表作品達を見てきました。
パリに来て驚いたのはほとんどの美術館がフラッシュさえたかなければ撮影を許可していること。ルーブルでも撮影OKだったので写真に収めてきました♪

100330-2.jpg
ルーブル行ってこれは外せませんね、「モナ・リザの微笑み」。
前から暗いとか意外と小さくてがっかりと悪評ばかり耳にしていたせいか逆にとても素晴らしいと感じました。展示してある部屋も改装したのか意外と明るくて、やはり歴史に残るだけの絵画がそこにありました。色の深さや奥行きなど本で何度も目にした事のある絵画ですが、本物を目の前にするとまた不思議な感覚が湧きます。

100330-3.jpg
ミロのヴィーナス。

100330-6.jpg
「自分達ばっかり・・・」

ご機嫌斜めな我が家のヴィーナス...

banner_04.gif
↑1日1クリック、応援宜しくお願いします☆
スポンサーサイト
旅行紀行 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
ルーブル素敵ですね!
天井画素晴らしいですね。
むか~し訪れたオランダの美術館の美しい天井画を思い出しました。
展示品も素晴らしかったけれど、あの天井の高さと天井画に圧倒され、首が疲れるのも忘れて飽きずに上ばかり見ていました。
ヨーロッパの歴史の深さを感じますね!
Fantastic!
そうなんですか。日本では美術館などでは
撮影禁止の所が多いですね。

素敵です。写真を見ているだけでも「鳥肌」
が立ちそう? 生で見ると感動のあまり
泣いてしまうんでは・・(おっさん何歳や)
ルーブルには行ってみたいです。
KIPPO様
絵だけじゃなくて建築物だけでも一見の価値ありますよね!
建築を見る為にヨーロッパ巡りをしたいな~って思いました。
Black様
写真も素敵だけどやっぱり本物を目の前にすると違いますね。
ほっぺをつねりたくなります。
Blackさんもヨーロッパ行ったらシャッターを押し続けちゃうと思います(^-^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。