スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ヨーロッパ紀行[3]

2010/04/07 Wed 18:03

今回パリに行く事になってどうしても行きたかった美術館がありました。

1000407-5.jpg

オランジュリー美術館。
ルーブルに近いテュイルリー公園の中にあります。ルーブルやオルセーに比べるととても小さな美術館ですが、『睡蓮』の壁画で一室を飾られています。もともとはテュイルリー宮殿の温室をモネの『睡蓮』の連作を収めるために美術館として整備されたのだとか。
長い間改装の為に閉館していたものが数年前にオープンしたという事で是非見に行きたいと思っていました。改装されて天井からの自然光を取り入れてたたずむモネの『睡蓮』。

1000407-3.jpg

とても素晴らしかったです。太陽の光とのコラボレーションで初めて印象派の絵は生きてくるなあとつくづく思いました。(特にモネの絵は。)季節の移ろいを感じさせる様に4面の壁の睡蓮と池の水の色も変わって行きます。この部屋に一人でいて、しばらく絵を眺めていたいなあ・・と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・

話は変わりますが、どの美術館でも小学生から高校生までパリの学生達の課外授業に出会いました。小さい時から名画に触れて育つ環境がちょっとうらやましくもあり、でも小さい時から知っているとこの感動は味わえないよな~と思ったり。

・・・・・・・・・・・・・・

1000407-4.jpg

さてさて、うってかわってこちらもパリらしい風景。マルシェです。
たまたま通りかかった通りで野菜や魚など色んな物が売っていました。
1000407-2.jpg
1000407-1.jpg

歩くだけでわくわく♪なんかオークランドのサンデーマーケットと違うお洒落な雰囲気に大満足でした☆

1000407-6.jpg
「まだその話?」




ニュージーランドは先週末イースターで連休でした。そして土曜日にサマータイムも終わり、いよいよ冬が目の前に迫ってきました。そろそろ冬支度です。

banner_04.gif
↑1日1クリック、応援宜しくお願いします☆

スポンサーサイト
旅行紀行 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
モネの睡蓮。
写真では見たことがあるけれど壁一面に配された部屋で本物を見るときっと違うでしょうね~
私も睡蓮に囲まれて一人瞑想してみたいです!

パリの街はやっぱりお洒落ですね~
花も魚もおすまししているように見えます。
フランスの旅
素晴らしい旅になりましたね

フランスでの色々な体験が今後の作品に

反映される事でしょう。
KIPPO様
是非チャンスがあれば本物を見てほしい作品の一つです♪
私はイギリスのテートモダンの睡蓮が一番お気に入りですが、展示法としてはここが一番「睡蓮」良さを引き出していました☆
Black様
本当に素晴らしい旅でした。
帰ってきてから絵の制作に取り組んでいます。
良いものが出来ますように・・・☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。